トレードの値

老後も気になるアカリのひとこと > 不動産 > トレードの値

トレードの値

2014年12月16日(火曜日) テーマ:不動産

「スプレッド」とはFX取引は外貨を買ったり、売ったりすることによって差益を生み出す商品です。

 

トレードの値は動いています。

 

それが為替レートです。

 

テレビのニュースをみていると、レートの情報が流れるケースがあります。

 

例としてあげると、「ただいまのマーケットは80円50銭から52銭で取引されています」という風にです。

 

これは80円50銭から80円52銭の間で売買されているという事ではなく、ドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭、ということを示しています。

 

別の言い方をすると、FXには買値と売値の2つの価格があります。

 

売値、買値ではなく、BID、ASKと提示しているFX会社もあったりします。

 

普段は買値よりも売値のほうが低く決定されています。

 

私達が買値は高く、売値は安くなるのです。

 

その差分をスプレッドといい、FX業者の稼ぎのひとつとされています。

 

スプレッドは会社によって違います。

 

スプレッド幅は投資家にとって支出となるので、小さいFX業者をピックアップしたほうが有利になります。

 

ただ、同じFX会社でも状況に応じてスプレッドの狭さは変動します。

 

仮定としていつもはドル円の組合せでわずか1銭のスプレッドの狭さだとしても、マーケットの上げ下げがかなり大きいケースでは3銭、4銭になったりするのです。

 

ですから、スプレッドが低いのと同様に、変化が少ない事が大事です。

 

最近では変わらないスプレッドの広さを見せるFX取引会社も多くあったりします。

 

現実にFX業者の取引画面内で本当の為替相場を確かめなければ判別できないので手間がかかりますが大切な事です。

http://gaerito.seesaa.net/

貴重な投資資金を使って注文をするのだから、実際の売買の前に興味を持ったFX取引会社の取引するための口座開設を試して示されているスプレッドの広さを見ておきましょう。

 

同じ外貨でも、そのタイミングの相場の条件によって通貨ペアのスプレッドは変わることがあります。

 

普通は、銀行間取引市場で流動性の高い通貨ペアではスプレッド幅が狭くあとの外貨ではスプレッドの広さが広がる事があります。



関連記事

トレードの値

トレードの値

2014年12月16日(火曜日)

テスト

テスト

2014年9月23日(火曜日)